mh PROJECT nyc  

mh PROJECT ノコギリニ 

EXHIBITIONS  

RESIDENCY                   
mh DIGITAL  
mh STUDIO  

CONTACT   
 


MARGARET COOGSWELL

The sun is setting into evening
Holding hands
Let’s walk home with crow
s

A site-specific mixed-media installation

August 10 - October 31, 2024


”The sun is setting into evening Holding hands

Let’s walk home with crows” emerges from memories—the memories inside the walls of Nokogirini from when it was a textile factory, as well as memories from Cogswell’s childhood growing up in Japan. This site-specific mixed-media installation in Nokogirini is created in a former textile factory which is filled with memories of its former life.

”The sun is setting into evening Holding hands

Let’s walk home with crows” is particularly meaningful to her because Japan is her first country of memory.  She sang these songs as a child in kindergarten and danced at the Obon Matsuri wearing her yukata.  The different places She lived included Nagoya, as well as Shikoku, Kobe, and Toyohashi. 

Following the crows at sunset along a river created with fishing nets and guided by candlelight on origami boats, she hopes to invite visitors to re-visit their memories as well.



Bio

Margaret Cogswell is a mixed-media installation artist residing in West Shokan, New York.  Awards include fellowships from The Tree of Life Foundation (2024), John Simon Guggenheim Fellowship (2009);  Pollock-Krasner Foundation (2017, 1987, 1991) and New York Foundation for the Arts (2007,1993). 

Since 2003, Cogswell's work has focused on an ongoing series of RIVER FUGUES projects exploring the interdependency of people, industry and rivers. These projects, along with works on paper, have been commissioned and exhibited in museums and art centers nationally and internationally including the Zendai Zhujiajiao Art Museum, China (solo 2014); CUE Art Foundation, NYC  (solo 2014);  Art Museum, University of Wyoming, Laramie (solo 2012); Art Museum, University of Memphis, Tennessee (solo 2008);  Tang Museum, Saratoga Springs, NY (group 2009-2010); the BOZAR Centre for Fine Arts in Brussels, Monaco Ministry of Culture, and Field Museum in Chicago (traveling group exhibition, 2007-09).

In 2024, selected works on paper are included in the exhibition “Women of Spirit” at Zurcher Gallery, NYC and Tidal Shift at the University of New England Art Gallery in Biddeford, Maine.  In August 2024, a new site-specific installation, “Karasu to Issyoni Kaerimasyo”, will be exhibited at Nokogiri II in Ichinomiya, Japan.

For more information, visit:

www.margaretcogswell.net
https://en.wikipedia.org/wiki/Margaret_Cogswell
https://openrivers.lib.umn.edu/article/river-fugues/


マーガレット・コグスウェル

からすといっしょにかえりましょう


ミックスメディアインスタレーション



2024年8月10日(土)ー10月31日(木)



「からすといっしょにかえりましょう」は幼少時代を日本で過ごしたマーガレット・コグスウェルが生み出す、記憶のミックスメディアインスタレーションです。

コグスウェルは名古屋、豊橋、神戸そして四国などで暮らしました。

今回、展示されるインスタレーションは、元毛織物工場だったノコギリニの壁に遺された記憶と、コグスウェルの記憶に残る日本の情景を呼び覚ます、彼女にとって意味深い滞在制作となります。

幼稚園で唄った「からすといっしょにかえりましょう」

浴衣を着て踊ったお盆祭り。

夕暮れのカラスを追いかけ、漁網で作られた川を流れてゆく折り紙の舟。それに乗せた蝋燭の光に導かれながら、来場者の方々にも、それぞれの裡にある様々な記憶を思い出し触れられる機会となるでしょう。




作家略歴

マーガレット·コグスウェルはニューヨーク州ウェスト·ショーカン在住のインスタレーション·アーティスト。 ツリー·オブ·ライフ財団(2024年)、ジョン·サイモン·グッゲンハイム·フェローシップ(2009年)、ポロック·クラズナー財団(2017年、1987年、1991年)、ニューヨーク芸術財団(2007年、1993年)などを受賞。



2003年以来、コグスウェルの作品は、人·産業·川の相互依存を探求するRIVER FIGUESプロジェクトのシリーズに焦点を当てている。これらのプロジェクトは、水彩画とともに、Zendai Zhujiajiao Art Museum(中国、2014年個展)、CUE Art Foundation(ニューヨーク、2014年個展)、Art Museum, University of Wyoming, Laramie(ワイオミング大学ララミー校、2012年個展); テネシー州メンフィス大学美術館(2008年個展)、ニューヨーク州サラトガスプリングスの唐美術館(2009-2010年グループ展)、ブリュッセルのBOZAR美術センター、モナコ文化省、シカゴのフィールド美術館(2007-09年巡回グループ展)など、国内外の美術館やアートセンターより委託され、展示されている。



2024年には、 Zurcher Gallery(ニューヨーク市)の 「Women of Spirit」展、および、ニューイングランド大学アートギャラリー(メイン州ビデフォード)の「Tidal Shift」展において水彩画を展示。 2024年8月には、愛知県一宮市の「のこぎり二」において、インスタレーション「からすといっしょにかえりましょう」が展示される。

詳細はこちらをご覧ください:

www.margaretcogswell.net
https://en.wikipedia.org/wiki/Margaret_Cogswell
https://openrivers.lib.umn.edu/article/river-fugues/